ID申請及び受け取り

エストニアでビジネス展開を考える際に非常に重要となるのが電子居住権制度「e-Residency」です。

 

これは日本のマイナンバー制度のベースにもなっていて、あらゆる民間・行政サービスをIDカード一枚管理できるという効率性の極みを目指した電子政府システムです。

 

全国民がこのIDカードを保有しているのはもちろん、2014年12月にエストニア政府がエストニア国民ではない非居住者に対してもIDカードの発行を開始したことは画期的な出来事でした。

 
エストニア
 

IDカードがあれば国外に住む外国人でもエストニアで法人登記と口座開設ができ、税金支払いから、

 

不動産の売買契約の本人確認、公共交通機関の利用、さらに契約書のサインなど、エストニア国民と同様のサービスが利用可能となります。

 

エストニアの人口は130万人。

 

これのさらに数倍もの人間をサイバー空間上の国民として抱え、経済規模の創出を目指すわけです。

 

このIDカードは今回エストニアに渡航される社長様方はほぼ全員が申請されていらっしゃいました。

 

そして、以前渡航された際にIDカードを申請していた社長様方は今回受け取る運びに。

 
エストニア
 

申請及び受け取りは、移民局において手続きするのですが、その際に

 

「なぜ、IDカードを申請するのか?」

 

という理由を事前に英語で作成しておく必要があります。

 

社長様方からは英文に関して様々な質問を受けましたが、改めて自分のライティングスキルの弱さを痛感しました。

 

大きな問題もなく、なんとか手続きが完了して一安心です。

 

本日は「ID申請及び受け取り」に関して投稿させて頂きました。

 

次回は「大使公邸内における会食」について投稿させて頂きます。

 

どうぞ楽しみにして下さい。

 

以上、大禅ビル(福岡市 赤坂 貸事務所)からでした。

 
エストニア
 


Top

© 2012 - 2021 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.