誰でも機会に恵まれない者はない ただそれを捕えられなかっただけなのだ

皆様、こんばんは!!名言の深読みbyAZの時間でございます。

 

本日の内容は、アメリカの実業家であり、「鉄鋼王」と称されるアンドリュー・カーネギー (1835~1919)から学ばせて頂いたことをご紹介します。

 
アンドリュー・カーネギー
 

この言葉は、まさしくその通りだと思います。

 

機会は身の回りに溢れています。意志を持って生きていれば、全く機会に恵まれないということはそうないかなと思います。

 

しかしながら、誰しもそれを捕えることができるのか?

 

そのアンサーはNO!だと存じます。

 
否定
 

では、どうすれば捕えることができるのか?

 

色んな見方はあると思いますが、私なりに考えてみました。

 

それぞれの分野で機会を捕えた方々と居る時間を増やして、彼らから学ぶ、もとい真似ることに尽きると、勝手ながら思っております。

 

つまり「備え」です。

 

運命の女神は前髪しかないとはよく言ったもので、機会はいつやってくるのかは人の力ではコントロールできませんし、予測もできません。

 

だから、本当に自分の人生を変えてくれるかもしれない機会が傍を通った時にそれを捕えられるように、勉強に勉強を重ねていくしかありません。

 

ある意味、釣りと似ているのかもしれません。

 
釣り
 

常に釣り糸を垂らしておかなければ魚は釣れないと同じように、機会を捕まえる態勢になければみすみす逃してしまいます。

 

そんなことを思い浮かべて、精進の日々を過ごして参りたく存じます。

 

本日の内容は、以上になります。

 

ここまでお読み頂きまして、誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 

以上、大禅ビル(福岡市 大名 賃貸オフィス)からでした。

 


Top

© 2012 - 2021 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.