―クレイアニメ制作―

 

編集方針設計

 

さてさて、まだまだ続く大禅ビル(福岡市 舞鶴 賃貸オフィス)の建物ドラマプロジェクト・クレイアニメ制作の裏話!

 

今回は編集方針の設計についてお話します。

 

編集方針は、要するに「目標と手順」です。

 

どのような視点に立って、どのようなカットワークで構成し、どのように表現し観てもらうかといった、、、

 

アニメーションづくり全般にかかわる基本方針のことを「編集方針」といいます。

 

この基本方針を明確にしておくと、アニメーションの目指すべき方向が定まり、作りながら方向性がブレずに済みます。

 

「ご長寿大禅ビル君の家族愛と感動のストーリー」

 

のコンセプトのもと、

 

ストーリーの起承転結の中身を整理

編集方針

方針と手順を落とし込み

 

大学インターン生も含めたメンバー各人の役割を確定させ

 

制作チームを固め

編集方針

方針やスケジュール詳細

 

を共有していきます。

 

撮影場所の準備の段取り

編集方針

照明、撮影器具などの準備

 

そして一番時間のかかる撮影対象物を粘土などで作成。

 

・・・・・・これが予想以上の手間のかかりようにスケジュールを大幅超過する結果となってしまいましたが(泣)

編集方針

来る日も来る日も粘土こねこねの日々。心身ともに粘土に押し潰された(!)

 

メンバーのメンタルにも何かと気を配り、エネルギー注入のための食事提供も欠かさない。

編集方針

プロジェクトマネージャーとして、制作現場のメンバーの精神と胃袋のケアも行う。

 

これぞ大禅スピリット!たぶんですが。

 

動画編集、台本づくり、音声の吹き込みなど、、、

編集方針

編集方針

貸しビル業とどちらが本業なのか分からないほど、クレイアニメに時間をかける形となってしまいましたが。。。

 

おかげで貸しビル業界でもちょっとした話題となっただけでなく、

 

大禅ビルとしても普通につつがなく貸しビル業をやっていたら、絶対に得られないであろう

 

ご縁、マネジメント、企画立案、そして人材育成の経験、さらに情報発信・PRのノウハウ

 

を得ることができました。

 

発想と行動の射程範囲が確実に広がり、その後の事業展開、差別化経営に大いにプラスに働いたと実感しております。


Top

© 2012 - 2021 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.