―有限会社大禅 紹介―

 

大禅じいさんの一日日記

 

ごきげんよう。

 

わしゃあ、福岡市中央区舞鶴の賃貸オフィスビルの主・大禅と申す。

 

皆はわしのことを大禅じいさんなぞと言うとるがのう、

 

わしゃまだそんな歳取っとらんつもりじゃて、まだまだ若けえもんには負けん。

 

ちっと、気が向いたので、わしの一日日記でもしたためてみようと思うのじゃ。

 

まずは朝じゃ。

 

最近の若けえもんは、朝活だのなんだの抜かしよるが、

 

昭和のわしゃに言わせれば甘い。

 

わしの朝は早い。

有限会社大禅紹介

早朝から早番の担当のもんがわしゃの閉まった鍵を開けにやってくる。

 

もちろん、その前にわしゃ既に起きてテナント様の受け入れ準備を始めとるしな。

 

冬などは外から寒風入れて、乾布摩擦ならぬ、寒風摩擦しとるわい。ハッハッハ。

 

そいで、朝から解錠と掃除を隅々までして貰うんや。

 

そいですっきり綺麗な朝を迎えるって寸法さ。

 

これがレトロオフィスビル・大禅じい様の朝活じゃよ。

 

「おはようございます!」

有限会社大禅紹介

そんな声がビルん中のあちらこちらから聞こえてくるもんじゃ。

 

そしてのう、わしの足許には「四季のいろ保育園」っちゅう保育園が入っとるんや。

 

朝は父ちゃん母ちゃんが三々五々、子どもたちを預けにくるんじゃ。

 

要は、わしの孫たちじゃな。これがワイワイガヤガヤしとって、可愛くてのう。

 

目に入れても痛くないんじゃよ。

 

孫らを夕方までお守りするのも、わしの仕事じゃて。一番の生き甲斐じゃな。

 

それから、わしの目の前の道は、近くの舞鶴小中学校の子どもらの通学路にもなっとって、

 

ここも朝っから元気いっぱいな子どもらが歩いたり走ったりと、

 

ええ風景じゃ。

 

この子らを見守るのも、わしの仕事じゃて。ええだろう。

 

みんな知っとる通り、わしゃオフィスビルじゃて

 

企業さんがいっぱい入っとるわな。

有限会社大禅紹介

日中はお客さんが出入りしたり、郵便物屋の兄ちゃんらが来たり、

 

時々会議室で会議があったり、時々工事屋が来よってのう。

 

騒がしくはないが、なかなか忙しいもんじゃ。

 

それで夕方は、みんな徐々に帰っていくんや。

 

ちょっと遅くまで仕事するとこもおるんじゃが、それも少ないかのう。

 

それがええやわな。

 

したくもない残業するくれえなら、友だちや家族と飯食ったほうがええと思うんじゃ。

 

働き方改革なぞ言い寄るが、結局飯と酒が一番じゃて。

 

でも、大禅ビルの管理室は遅くまで管理人がおって、

 

社長室もいつも、夜遅くまで灯りがついとるねえ。

 

特に最近、若旦那が社長の後継いだけん、色々大変だろうて

 

まあ、あの子はわしゃ小せえ時んから知っとるから、きっとええ経営者なると思っとる。

 

遅くまでご苦労さんや。

 

みんな帰って、電気も消えて、エレベーターの電源も落ちて、

 

それでやっと、わしゃ休んじゃ。

 

いやあ今日も一日、頑張ったわい。

 

わしも、みんなも。

 

こんな毎日を45年も繰り返してきたんじゃが、

 

退屈なんてない。まさに日々是好日じゃよ。

 

さて、明日も早起きじゃから、

 

舞鶴の大禅じいさんは寝るとするかのう。

有限会社大禅紹介


Top

© 2012 - 2021 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.