―屋上防水工事・劣化コーキング剤除去―

 

前回に引き続き大禅ビル(福岡市 舞鶴 賃貸オフィス)の屋上防水工事について書いていきます。

 

屋上防水工事には「コーキング剤」というものを使います。

 

これは建築物などで隙間の空いている部分の隙間を埋める材料になります。

 

これにより水密性、つまり水漏れを防止できます。

 

もちろんコーキング剤自体にも耐水性があります。

 

さて、このコーキング剤を屋上に施工していくわけですが、昔に塗ったコーキング剤が経年劣化でひび割れ機能が落ちています。

 

そこで、まずはそれらを剥がす作業から始めていきます。

 
屋上防水工事ー劣化コーキング剤除去
 

素人ながらに

 

「劣化したコーキングを除去しない新しいコーキング剤をそのまま被せて塗ったほうが安上がりなのでは?」

 

と最初は思っていましたが、

 

それだとひび割れ具合や場所によって塗れずコーキング剤の効果が半減するようです。

 

ですから古いコーキング剤はしっかりと全部取り除いて、さっぱりした空間に新しいコーキング剤を注入するほうがよいとのこと。

 

そしてもちろん、塗布する部分のゴミ、ホコリなどは綺麗にします。

 

コーキング剤がちゃんと着くように、水気も乾燥させます。

 

カッチカチに固まっていた古いコーキング剤が詰まった溝。

 

もちろんカッチカチに固まっていないと意味はないのですが・・・・・・

 

この場合はそれを取り除くので、ひと手間が必要です。

 

金槌をガンガン打ち込み、ガリガリ削り出していく。

 

思いの外けたたましい音が辺り一面に鳴り響きます。

 
屋上防水工事ー劣化コーキング剤除去
 

屋上防水の工事は、弊社取引先の一級建築士とインテリアコーディネーターを通して業者様にお願いしております。

 

その場凌ぎだけの提案ではなく、長期間を見据えてご提案を頂ける長年のパートナーです。

 

テナント様から頂いた大切な賃料を、貸しビルのサービス品質の維持と向上に使い、巡りに巡ってテナント様に利益還元できればと存じます!

 

さて、次回は新しいコーキング剤の施工です!

 
屋上防水工事ー劣化コーキング剤除去


Top

© 2012 - 2021 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.