―黒田家濱町別邸跡―

 

黒田の名残り、舞鶴に

 

 

今、舞は舞鶴の大禅ビルさん(福岡市中央区舞鶴の賃貸オフィス)にてインターンシップ中です!

 

大禅ビル周辺の色んな場所を周り、取材しています。

 

先ほどは消防局へ行って参りました!

 

さてさて、一仕事終えたあと、達成感とともに小腹もすきましたね~と歩いていたら、

黒田家濱町別邸跡

ドーーーン!な、なんですかコレハ!

黒田家濱町別邸跡

存在感だだ漏れの石碑ジャナイデスカ!

 

恐る恐る、見てみますと・・・

 

「黒田家濱町別邸跡」とありますね。

 

どうやらここは、旧福岡藩の黒田家の別邸の跡地記念碑のようです。

 

消防局横の駐車場に、こんなスポットがあったとはびっくり。

 

調べていきますと、敷地約3千坪という広大な別邸があったそうで、しかも門や櫓がいくつも建てられて、かなり豪華だったとか。

 

残念ながら、福岡大空襲で全部焼け落ちてしまい今はもう残っていませんが…

 

この記念碑は、黒田家の第15代当主に当たる黒田長久公によって、昭和58年に建てられたようです。

 

地域の史跡が、こんなひょっこりとどこでも現れるのが、福岡の面白いところですよね!

 

それから「濱町」ですが、大禅ビルの近くに「浜の町公園」「浜の町病院」があるように、このエリアは浜の町と言われるエリアです。

 

古くは「煙草町(多葉粉)」と呼ばれ、海岸に近いことから「濱町」、のちに「浜の町」と改められた経緯があります。

 

「黒田家濱町別邸跡」は、その名の通り、海岸に近い場所にあった訳ですが、お城からも近く、

 

福岡藩の皆さんは折々に、こちらに出掛け、海岸の風景を楽しんだのかもしれません。

 

例え現物が既になくても、こうした記念碑が人々の記憶と街の歴史を今に留め、思い出すきっかけになってくれるかと思うと、

 

普段見過ごしてしまうような街中の様々な記念碑や由緒書きも、

 

ちゃんと足を留めて、じっくり読んでみたくなりますね!

黒田家濱町別邸跡


Top

© 2012 - 2021 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.