―大木戸うどん―

 

讃岐生まれの福岡育ち、その名は?

 

大木戸うどん。

 

いやあ、うどんが美味しくなる、冬の季節ですよ。

 

温かいおつゆを、こう、ぐいっとですね。もちもちのうどんを、こう、ズズッとですね。

 

食べ終わってから、こう、ふぅー、と一息。

 

わかりますかね?ラーメンだけでなく、うどんの楽しみ方を知らないようでは、福岡人じゃないと、舞は声を大にして訴えたい所存です!

 

しかし、ここの大木戸うどんは、かのうどんの聖地、うどん県・香川出身のサラブレッドです。
大木戸うどん

 

うどん県では「三度の飯より四度のおうどん」といった具合で、そもそも米の食文化圏に属さないらしく、捻ればおつゆが出て来る蛇口があるとかないとか。

 

まあそれは余談としまして、大木戸うどんは、讃岐生まれでありながら、福岡の方にも存分に味わってもらいたく、福岡人の舌により添うように様々な工夫を凝らしています!

大木戸うどん
香川本店の出汁よりも少しだけ甘く調理したり、

 

「いりこ」「昆布」「しいたけ」「かつお節」、それぞれの材料を煮出す時間を調整することで、 苦味が少なく飲みやすい出汁に仕上げたり、

 

国産100%の小麦粉にこだわったり、

 

冬ならば、あつかけ、釜揚げ、釜玉、湯だめ・・・などなど。うどんの楽しみ方が、人ぞれぞれですが、

 

舞がオススメするのが「しょうゆ(温)」です!

 

茹で立てホカホカの麺に生醤油か出汁醤油をかけて食べる。

 

シンプル・イズ・ベスト。

 

ソフトにしてしなやか。ほっこり、モチモチ、シアワセ。

 

うどんは日常食だからこそ、美味しいものを食べてもらいたい・・・

 

そんな店主熱いソウルが、一杯のうどんの温かさと共にじんじん伝わってくるようです!

 

大禅ビル(福岡市中央区舞鶴の賃貸オフィス)へお越しの際は、ぜひ大木戸うどんもご一緒にいかがでしょうか。
大木戸うどん


Top

© 2012 - 2021 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.