―福岡高等裁判所紹介―

 

前回レポートに引き続き、”気遣い道路”沿いにある、福岡高等裁判所のレポートです。

 

大禅ビル(賃貸オフィス:福岡市中央区舞鶴) 福岡高等裁判所

 

舞鶴の大禅ビルから北側に約400m、国の史跡でもある福岡城跡に立地しています。

 

ですが、

 

2018年度、九州大学六本松地区跡地に完成予定の新庁舎に移転します。

 
 

いきなりですが、ここで、前回より恒例?のお勉強タイム・中学生編です。

 
 

Q.裁判所とは?

A.民事・刑事の訴訟を裁判する国家の機関。

 

Q.最高裁判所とは?

A.憲法によって設置された我が国における唯一かつ最高の裁判所。

 

Q.高等裁判所とは?

A.最高裁判所の下、地方裁判所の上の裁判所。高裁。

 

Q.地方裁判所とは?

A.下級裁判所の一つ。原則として第一審を行う。地裁。

 

Q.家庭裁判所とは?

A.家庭に関する事件を総合的かつ専門的に扱う裁判所。家裁。

 

Q.簡易裁判所とは?

A.軽微な民事・刑事事件の第一審を扱う最下級の裁判所。簡裁。

 
 
大禅ビル(賃貸オフィス:福岡市中央区舞鶴) 福岡高等裁判所
 

裁判所に入るには、お濠を跨ぐ橋が架かり福岡城址内であることを実感できます。

 
 

もちろん、目的も無く入ることはできません。

 
大禅ビル(賃貸オフィス:福岡市中央区舞鶴) 福岡高等裁判所
 

PRの必要もありませんので、突撃レポートもできませんが、1945年に長崎から移転して以来、73年の長きに渡り、福岡・九州法曹界の中心的な役割をこの地より担ってきました。

 
大禅ビル(賃貸オフィス:福岡市中央区舞鶴) 福岡高等裁判所
 
 

緑の多い環境が、高潔な凜とした外観を惹き立てているようです。

 
 

移転する新庁舎はどのような雰囲気なのでしょうか。

 

少し興味が沸いてきました。六本松は、健康維持のために、少し頑張って徒歩でも行けるかな。
(舞鶴の大禅ビルから約3km!)

 

今回のレポート任務、完了です。


Top

© 2012 - 2021 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.