―福岡大名の風景×大禅ビル―

 

福岡大名の奥に歩いていくと古い通りがございます。

 

大名賃貸オフィス

 

この通りは、福岡の数多くある通りの1つ…

 

江戸時代には紺屋町と言われておりました。

 

大名賃貸オフィス

 

…しかし、今は大名と呼ばれております。

 

貸事務所や貸店舗が建ち並ぶ場所がなぜこの地名なのでしょうか?

 

その由来について調べると、どうやら福岡の大名屋敷があった事に起因しているらしいです。

 

この飯田屋敷の大銀杏も歴史を彷彿させるシンボルです。

 

大名賃貸オフィス

 

…今や、大名は朝・昼・晩との顔を持ったエリアとして愛されております。

 

朝は

営業マンが貸事務所に通勤のために歩く

 

昼は

観光客がショッピングやカフェを楽しむ

 

大名賃貸オフィス

 

営業マンが昼飯を食べるために貸事務所から出る

 

夜は

若者が貸事務所を横目に集って交流

 

大名賃貸オフィス

 

営業マンは、貸事務所から会合に出席するためにホテルの会議室などに出掛けます。

 

その後、営業マンは居酒屋・BARなどで喉を潤します。

 

今や、貸事務所に代表されるオフィスビルやマンションなどで屋敷があったことは想像しがたいです。

 

しかしながら、昔を彷彿させる特徴がございます。。。

 

それは、見通しが悪く迷いやすい地形であることです。

 

黒田藩が江戸時代に城へ敵を侵入させないためにわざとこのような地形にしたと言われております。

 

大名賃貸オフィス

 

福岡大名の営業マンですら慣れるまでに時間が掛かります。

 

特に、夜は尚の事迷いやすいと言われております。

 

貸事務所→ホテル→居酒屋orBAR…果たして無事にたどり着くことができるのか。。。

 

甚だ疑問でございます。

 

歴史の名残と人との交流を楽しめる地域。。。

 

そこからほど近い舞鶴に立地する

 

伝統と格式のレトロオフィス大禅ビル…

 

福岡公証役場でお馴染みの大禅ビル…

 

大名賃貸オフィス

 

福岡の大名を堪能された後は、歴史ある大禅ビル3階にございますリフレッシュルームでお寛ぎ下さい。

 

大名賃貸オフィス

 


Top

© 2012 - 2021 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.