ドローン外壁撮影

大禅ビル(福岡市 天神 賃貸オフィス)は、人が使う建物である以上、何にも増して「安全」を重視しております。

 

今回はドローンを使った外壁の安全チェックについてご紹介します。

 
ドローン
 

ドローンを使って、普段確認できない外壁を細かくチェックしていきます。

 

従来は足場を組んで目視や打診法によってチェックしていましたが、足場を組むのはとてもコストがかかります。

 

それに加え、外壁の確認期間中はビル内外の安全、人員管理などに気を遣わなければなりません。

 

ドローンであれば、足場を組まねば見られなかったところも自由自在に飛んで写真や動画を撮影できます。

 

しかも、より進化したドローンは赤外線で外壁の浮き状況まで可視化してくれるという優れた機能まであるんです!

 

まさにテクノロジーさまさまですね。

 
ドローン
 

そして何よりもコストが低い!これが嬉しいです。

 

ドローンだとよりスピーディに、かつ正確に外壁の状況の把握が可能になります。

 

ドローンは安全上の観点からどこでも飛ばして良いというわけではなく、最近は規制が一層厳しくなりました。

 

免許は必須ではありませんが、飛ばす方法によって必要な場合もあります。

 

例えばドローンの映像をリアルタイムで見られるゴーグルを使ったドローンレースだと、

 

電波法の関係でアマチュア無線従事者免許と開局手続きが必要になります。

 

さらに機体が200g以上でゴーグルを使う場合、航空法規制に該当するため国土交通省の許可が別途必要になります。

 

それでも規定の手順を踏めば、ドローンによって今まで目に届かなかった場所を見られるようになります。

 

外壁チェックは万が一の事態を防ぐため。備えあれば憂いなしです。

 

カッコいい文明の利器を活用しつつ、大禅ビルでは今後も引き続き安全な管理業務を心がけて参ります。

 
ドローン
 


Top

© 2012 - 2021 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.