ドローン外壁チェック

大禅ビル(福岡市 舞鶴 賃貸オフィス)はブランディングとサービスに力を入れており、テナント様により満足して当ビルを使って頂けるよう日々精進しております。

 

しかし、ビルは人が使う建物である以上、何にも増して「安全」が重要になります。

 

それはビルの中の方だけではなく、ビルの外を歩く方にとっても。

 

ビルの外の安全に最も関係するのが「外壁」。

 

今回はその外壁の安全チェックについてお話します。

 

弊社は先日、外壁の安全チェックをドローンで実施させて頂きました。

 
ドローン
 

従来、外壁チェックはまず足場を組んで目視や打診法によってチェックしていましたが、足場を組むのはとてもコストがかかります。

 

それに加え、安全・人員管理などで気を揉まねばなりません。

 

実際に、外壁工事する際には足場は必要ですが、チェックまで足場を組んでいたらお金がいくらあっても足りません。

 

そこで、ドローンの登場というわけです。

 

ドローンは、従来足場を組まねば見られなかったところも自由自在に飛んで写真や動画撮影してくれます。

 

しかも、より進化したドローンは赤外線で外壁の浮き状況まで可視化してくれるという優れた機能も有しております。

 

これによって、よりスピーディにかつ正確に外壁の状況の把握が可能になるのです。

 
ドローン
 

ただ、この赤外線ドローンの撮影には相応の技術とお金が必要になりますので・・・

 

今回は少しリーズナブルなノーマルタイプのドローンでの撮影を実施。

 

一口にドローンと言っても色々あって奥が深いと感じた次第です。

 

ちなみに、ドローンは安全上の観点からどこでも飛ばして良いというわけではなく、最近は規制が一層厳しくなりました。

 

それでも規定の手順を踏めば、ドローンによって今まで目に届かなかった場所を見られるようになります。

 

これぞまさしく文明の利器としての力を発揮してくれます。

 

今回の外壁チェックは隣のビル建設工事が外壁にどれだけ影響を及ぼしているのか?

 

を点検し、万が一の事態を防ぐのが目的でした。

 

備えあれば憂いなし!安全なビル運営は、リスクの先読みからと心得ております。

 
ドローン
 


Top

© 2012 - 2021 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.