「アナタ」と長く付き合いたいと言われる人間になれ

本日の内容は、上記に関して、とある経営コンサルタントの方から教えて頂いたことです。

 

この教えは今日の私の根幹になっています。

 

この世で生きる以上、人は一人では生きていけず、誰かと関係を取り結びながら生きていくもの。

 

であれば、お互いにとって長く続くよい関係を築いていきたい。

 
握手
 

祝い事、悲しみ事・・・様々な人生の局面で共に喜び、共に悲しみ、励まし合える関係を築ける誰かに巡り会えたら、それだけでも幸せかと存じます。

 

「巡り会う」って言いましたが、そこに自分に対する努力と、相手に対する真心が必要なのは言うまでもありません。

 

例えば恩返し、恩送りがそうですね。

 

意識していてもしていなくても、人は生きているだけで、仕事をしているだけで、多くの人に助けられているはずです。

 

そのご恩を当たり前だと思わずに、ちゃんと拾って返す、あるいはほかの誰かに送る。

 

単に恩をどうするか、という行動の話ではなく、相手に対して感謝を抱ける人間かどうかが肝要かと存じます。

 

長く付き合いたいと相手が思い、実際に長く付き合えるよい関係の根本は、結局感謝なのだなと、近ごろ思います。

 
感謝
 

幸せは人のお陰様。振り返れば自分の力だけで解決できた問題はなく、全ては誰かの助けがあってこそでした。

 

常にこのことを意識して日々を過ごして参る所存でございます。

 

本日の内容は、以上になります。

 
笑顔
 

次回は

 

「僕が歩いてきた 日々の道のりを ほんとは『ジブン』っていうらしい」」

 

に関して書かせて頂きます。

 

ご存知の通り、こちらはとある歌の歌詞です。

 

歌手の方とは直接お会いしたことはありませんが、この歌詞から大変深い気づきを頂いたので、ぜひご紹介したいと思います。

 

本日の内容は、以上になります。

 

以上、大禅ビル(福岡市 赤坂 賃貸オフィス)からでした。

 


Top

© 2012 - 2021 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.